希望通りの保育求人を見つけるにはアドバイザーへの相談や転職サイトの利用が肝心

保育求人に応募をするにあたり、採用後の仕事内容や待遇について不安なことがあれば、専門のアドバイザーに相談できる就職支援サービスを積極的に活用することがおすすめです。特に、福祉関係の求人をメインに扱っている転職サイトの中には、リアルタイムで各エリアの求人検索ができるだけでなく、内定が出るまで同じアドバイザーにサポートを受けられるものもあり、誰でも順調に就職活動を進めることが可能です。

保育ジョブについて必要なこと

求職者の間で評判が良い保育求人の転職サイトの特徴を調べよう

保育求人の件数は全国的に増加の傾向が見られますが、自分の実務経験や能力を生かせる職場を見つけるには、早い時期から多くの求職者の間で評価されている転職サイトの利用を始めましょう。特に、トップクラスの求人件数を扱っている転職サイトの中には、福祉関係の仕事に詳しい就職アドバイザーに様々な手段で相談できるサービスが用意されているところが多くあります。

そのため、自分に合った保育求人の選び方について悩んでいるときには、それぞれのサイトの専属の就職アドバイザーの経歴をチェックしたり、相談者の口コミを参考にしたりすることがおすすめです。参考リンク|明日香 > 保育士求人検索

また、人気がある就職アドバイザーに相談をするには、サイトによって事前に予約が必要だったり、回答をもらえるまでに時間が掛かったりすることもあるため、余裕を持って手続きを取ることが大事です。大手の人材紹介会社などが運営している転職サイトにおいては、年中無休で専属の就職アドバイザーがメールやSNSなどで悩み相談を受け付けているところが多くあります。

なお、相性が良い就職アドバイザーを見つけるには、同じ年代の求職者がよく利用している転職サイトを覗いたり、お試し期間を利用して複数のサイトに会員登録をしたりすると良いでしょう。

現場経験が豊富な人や役職者は非公開の保育求人をメインに応募しよう

保育所や児童養護施設などの現場経験が豊富な人や、施設長や管理者などの役職者は、転職サイトを通じて非公開の保育求人に応募できるケースが少なくありません。そこで、少しでも待遇が良い職場への転職を考えている人は、求職者に対するサポートが手厚い転職サイトを見極めることが大切です。

非公開の保育求人の数や、求人の応募条件については、それぞれの転職サイトの方針や求人先の意向などに左右されます。そうした中、短期間のうちに希望条件に合う職場を選ぶうえで、ベテランの就職アドバイザーと良い関係を築くことが重要です。

転職サイトによっては初回の会員登録をする際に、担当の就職アドバイザーを自由に指名できるところや、書類選考や面接のアドバイスを直接貰えるところもあります。そのため、非公開の保育求人に応募をした後にスムーズに選考を通過するためにも、数あるサイトの中でも登録者の内定率が高いところや、就職アドバイザーの対応が良いところを見つけることが肝心です。

その他、社会福祉法人が運営する保育所や児童養護施設などでは、人員不足の解消や優秀な経験者の確保を目的として、不定期に転職サイトを通じて非公開求人の掲載をするところもあるため、じっくりと気になる事業所の求人の動向を探ることがおすすめです。

未経験者や長期のブランクがある人も応募可能な求人も多い

保育求人の専門の転職サイトの中には、未経験者や長期のブランクがある人も応募可能な求人も少なくなく、20代から30代の若年層の求職者にとって好ましい状況となっています。たとえば、民間の保育所や学童クラブなどの事業所では、保育士の資格を持つ人であれば、働きながら業務内容を覚えられる環境が整っているところが多くあります。

そこで、実務経験やスキルなどに自信がない人が保育の仕事を始めたい場合には、若手の求職者への相談対応がしっかりとしている転職サイトにお世話になることがおすすめです。

大手の転職サイトにおいては、年齢や経験にかかわらず応募できる求人がピックアップされることもあり、効率良く無理なく働ける職場を見つけられるようになっています。また、就職アドバイザーをはじめとした担当のスタッフの対応の良し悪しについては、各サイトの運営者によって違いがありますが、いざという時に役立つサイトを選ぶうえで、まずは複数のサイトの特徴を正しく理解することが大切です。

なお、給料や役職、福利厚生などの面で条件が良い保育求人には多くの求職者の応募が集まる傾向が見られるため、余裕を持って採用試験に向けて対策を立てる必要があります。

一つの職場で長く保育士としてキャリアを積みたい人は採用後の教育制度に注目しよう

一つの職場で長く保育士としてキャリアを積みたい人は、希望のエリアの保育求人をくまなくチェックして、採用後の教育制度がしっかりとしている職場を探すことが重要です。新人や中途採用の保育士の教育期間や研修のテーマについては、それぞれの現場の事業内容や在職中のスタッフの人数などにも影響を受けることがあります。

そのため、新人教育について詳しく知りたい時は、求人に申込をする前に、興味がある求人の担当者に相談をするのも良いでしょう。

一般的に、社会福祉法人や大手企業が運営する保育所などでは、個々のスタッフの経歴や能力に応じて、徐々にスキルアップを図れる環境が整っているところが目立っています。また、過去に仕事上で乳幼児や保護者と関わった経験が少ない人は、仕事に慣れるまでにある程度の期間が必要となることもあるため、教育期間中に先輩の保育士に随時フォローしてもらえるところを勤務先に決めることがポイントです。

交代制勤務の職場で働きたい人は各種手当の金額も確認しよう

乳児院や児童養護施設、児童自立支援施設などの交代制勤務の職場で働きたい場合は、就職後に待遇の面で不満を感じることがないよう、求人票に目を通して夜勤手当や業務手当などの各種手当の金額を確認することが大切です。

特に、社会福祉法人が運営する施設においては、スタッフの早期離職を防ぐために、日々の仕事量や毎月の休日の日数などを見直すだけでなく、様々な種類の手当を新しく設定するところも多くあります。そうした中、交代制勤務の職場の保育求人を選ぶうえで、スタッフの平均勤続年数が高い施設の待遇について、いくつかの転職サイトで求人検索をしたり、気になる施設に資料を請求したりして自分なりに調べてみましょう。

その他、公立や民間の保育所において長年にわたり管理職を務めたことがある人は、キャリアや能力に応じて高額な管理職手当の支給を受けられるケースも多いため、妥協をせずに好条件の保育求人に応募をすることがおすすめです。